• ディアコートプレス最新号をご覧いただけます

中庭のある家

「リゾート感覚を自宅で味わいたい」。そんな施主様のこだわりを住まいのいたる所に投影させました。まず外観。2階ファサードはレッドシダー(杉の一種)を用いた外壁にアルミフレームのガラス手摺を組み合わせ、装飾窓が意匠的なアクセントとなります。
外壁の一部に無垢材を採用したのは、もうひとつの施主様のこだわりでもあった「飽きのこないデザイン」を表現するためです。歳月を重ねるごとに、深まる味わい。そんな経年変化が生む趣にも価値を共有してもらえました。
室内においてもふんだんに木を使い、その素材感を楽しめるように設計しました。たとえば、リビング・ダイニング。フローリングはチークを張り、視覚的にも癒される空間づくりをめざしました。
中庭を眺めることができる、1階のホール。その贅沢なまでの広さと距離感は、オンとオフを切り替える役割も持っています。さらには中庭を望む2階のウッドデッキや回遊性のある外階段など、本来の機能を超えたゆとり。このゆとりや遊びから生まれる非日常性もリゾートテイストにつながるものと思っています。

敷地面積/
248.93㎡(75.30坪)
延床面積/
220.42㎡(66.67坪)
1階/
109.10㎡(33.00坪)
2階/
111.32㎡(33.67坪)
構造/
在来木造軸組工法2階建
外壁/
白:吹付タイル
黒:リシン吹付
屋根/
ガルバリウム鋼板葺き