• ディアコートプレス最新号をご覧いただけます

北欧テイストの家

ホワイトとブラックを基調色にした、存在感のある外観デザイン。 「キューブ」を設計コンセプトにしたシンプルかつベーシックな構造ながら、そのたたずまいをひときわスタイリッシュに見せているのが、前面にせり出した屋根の庇と2階に設けたルーバーです。 外観デザインの意匠として映えるルーバーですが、そもそもは住宅が建ち並ぶ周辺環境のなか、2階に配置した洋室への目隠し機能を有しています。駐車場の北側に設けたコンクリート製の壁も同じく道行く人からの居室への視線を遮るために設計しました。 「カフェのような洒落たつくり」。そんなインテリアテイストを望まれた施主様のオーダーにより、室内はホワイトをベースに無垢のフローリング仕立てとし、デザインアクセントとして素焼きの輸入タイルを導入。北欧テイストの質感のあるタイルをシステムキッチンまわりや玄関の壁などに用いることで、室内に明るく豊かな表情が生まれました。 リビング・ダイニングと和室に囲まれたテラスは、吹抜にした屋根から陽の光がたっぷりと降り注ぎ、心地よさを演出。気持ちのいい開放感も同時に味わえます。

敷地面積/
143.43㎡(43.38坪)
延床面積/
123.67㎡(37.41坪)
1階/
66.54㎡(20.12坪)
2階/
57.13㎡(17.28坪)
構造/
在来木造軸組工法2階建
外壁/
黒:ジョリパット刷毛引き仕上げ
白:スーパームキタイル
屋根/
ガルバリウム鋼板葺き